dadadiary

気になったことをまとめていきます〜

シンガポール旅行記#5

3日目の朝です!

 

ホテルの朝食を済まし、MRTでマリーナアットケッペルベイへ向かいます。

マリーナアットケッペルベイはマンションの名前なのですが、その構造と高さが魅力的です(建築の友人に連れられるまで知らなかったけど)。

f:id:DenD:20190322114921j:image微妙に反ってるのわかりますかね

 

写真を撮るだけで近くには寄りませんでした。昨日みたいに警備員さんに見つかっちゃうかもしれないからね。

 

最寄駅から再びMRTでHarbour front駅へ向かいます。

そう、次の行き先はセントーサ島です。アロハ。

 

セントーサ島へはHarbourfront駅内のvivocity3階にあるチケット売り場からMRTで行くことができます。6ドルくらいだったかな

f:id:DenD:20190322115742j:image陽気なおじさんが道案内してくれます。

 

セントーサ島に入ってからは3つの駅があるのですが、我々はまず一番奥の駅で降りて無料の巡回バスで島内を一周することにしました。

結果としてはバスは森に囲まれた道路ばかり行くので外の景色はあまり良くありません。みんな戻るまで寝てました。

 

セントーサ島にはいくつかアトラクションがあり、自分たちはセグウェイを体験することにしました。ただ次に乗れるのは3時間後ということで、とりあえず予約して1つ前の駅へ戻りました。ちなみにセントーサ島内ではMRTは無料で乗り放題です。

 

この駅の近くには大きくて水を吐かない方のマーライオンがいます。このマーライオンの中には15ドルで入れるので入ってみました。

f:id:DenD:20190322120427j:image卓越したカメラセンスにより小さく見えます

 

一階ではシンガポールの歴史映画が上映されました。

 

映画を見た後はエレベーターで一気に屋上やマーライオンの口へ上がります。口からは島が一望できるし、スタッフが記念撮影もしてくれます。ここでも日本人だとわかったのか、スタッフさんが「シャシントルヨー、ハイチーズ」と日本語で話しかけてくれました。まさかはい、チーズまで知ってるとは…

 

いい時間になってきたので先ほどの駅へ移動し、セグウェイ乗り場に行きます。

定員は5人だったようで、日本人3人と韓国人の男性、おそらくアメリカ人の男性と1組になってそれぞれセグウェイに乗りました。少しだけ練習の時間があるのですが、ほぼぶっつけ本番です。永年体育の評定が3だった私に乗りこなせるか心配でしたが、初心者でも乗れるようになっているのか、以外と簡単に進みだしました。漕がない自転車のような感じです。胸前まであるレバーを前に倒せば前進するし、後ろに倒せばバックorブレーキです。30分間だけでしたが常夏の中で風を切るのはとても気持ちいいものでした。次はバンジージャンプとかもしたいなーなんて。

f:id:DenD:20190322161726p:image今度はアップしすぎ。ちょうどいいのは撮れんのか

 

次回、水族館はやっぱ日本だよね編!